上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20~30代未婚会員向けの "ソーシャルデート"が急拡大
出会い系サイトよりも真正、結婚紹介所よりも安い
毎経エコノミー バックナンバー
2012年2月16日(木)
1/3ページ

会社員になって3年目のコ・サンフンさん(仮名:30歳)は、2012年5月に結婚を控
えている。新婦を紹介してくれたのはソーシャルデート事業者のイウムである。コ
氏は2011年5月、イウムでカノジョを紹介してもらい、7カ月の交際の末にプロポー
ズした。コ氏は、「最初は好奇心半分、期待半分でイウムに加入した。一生の伴侶
に出会えるとは思わなかった」と語る。

ソーシャルデートサービス会社現況

  出典:各会社提供
サイト名 会員数 サービス方式 開始時期
イウム 20万人 1対1の紹介 2010年5月
正午のデート 18万人 Facebook基盤
1日2名ずつ紹介 2011年5月
ココアブック 7万人 3対3の合コン 2011年4月

 ソーシャルデートで結婚に至った人はコ氏だけではない。イウムのパク・ヒウン
代表は、「私たちに結婚を知らせてくれた会員だけで20カップル」と話す。イウム
の他にもココアブック、正午のデートなど、さまざまなソーシャルデートサービス
から結婚に至るカップルが誕生している。

 新しいソーシャルビジネスとして、ソーシャルデートが注目を集めている。ソー
シャルデートは、ユーザーの個人情報や趣味などを分析し、マッチする人をオンラ
インで紹介するサービスだ。

 2010年5月に、韓国初のソーシャルデートサービスとしてイウムが登場した。最近
は似たようなサービスの会社がかなり増えた。イウムのパク・ヒウン代表は、「こ
れまでもオンライン出会い系サイトはあった。イウムは、加入条件を強化し、1日に
1~2人だけ紹介する。こうしたビジネスモデルはイウムが韓国で初めてだ。2011年
末まで、イウムと同様のサービスを提供する会社は30~40社にすぎなかったが、こ
こ1~2か月の間に70社にまで増えた」と言う。イウムに続き、2011年4月からココア
ブック、正午のデートなどが登場した。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。