上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
婚活と就活ってなんだかやることが似ています。
そもそも婚活の語源は、就職活動からきているのでしょうから当然ですね。
就職活動と同じように、自己分析をして己を知ることから始まって、結婚相談所や婚活サイトで相手をリサーチする。これはリクナビやマイナビ、就活相談所と同じ。就職活動で言うところの企業研究みたいなものでしょうか。
そして就活の面接のように、相手と出会い、お互いのことをよく知り、結婚(就職)するかどうか判断します。
自己分析によって、今まで独身でいた理由が自分自身でもわかってきたり、婚活するにあたっての弱点なども見えてきます。
それら自分の問題点が明白になると、逆に自信がつき、婚活への対策も上手くなっていきます。
また相手のことをリサーチすることで、相手が何を望んでいるのかを把握することも大切です。
最後は相手との出会い(面接)ですが、ここでも就活と同じく、身だしなみやマナー、心配りなどが重要です。
婚活においては、気合を入れすぎず、かといってゆるすぎない適度な身だしなみをしていくのがポイントです。
就活を頑張った頃を思い出し、結婚活動も頑張って取り組む必要があるのですね。
スポンサーサイト
彼氏と付き合って1年位の友人Aが、彼氏への不満を私にぶつけてきました。。

つらつらと話されまして、まぁどうでもいいことが多かったのですが、
聞いていて決定的だなと思うのが、記念日の過ごし方が普段のデートと変わらなかったのことです。

「一周年記念がいつもと同じ居酒屋で…」だったと。。
男性に彼女を喜ばせようとする努力が見られないことに失望するケースは多いすよね。
女子は、口では「記念日もいつもと一緒でいいよ」と言っても、本心では特別な過ごし方を求めているのです。

良い出会いから結婚へと年代があがってくると考えてくるものですが、1年くらいで見切りをつけるのも大事ですよね。
友人Aにほかに素敵な出会いがありますように。
「出会いがない」と嘆く人の話をよく耳にします。
おっしゃるとおり社会人になると、新しい出会いってなかなかないですよね。
合コンなんかもその場限りで、あまり出会いのツールとして機能しているとは思えません。
しかし、そんなことを嘆いていても始まりません。
良い出会いには自分を磨くことが大切なのです。
素敵な人間であれば、出会いの機会が少なくたってしっかりモノに出来るのです。
しっかり自分磨きをしないと、異性に飢えてるイメージをもたれがちになるのもマイナスです。
合コンでアピールできる魅力はありますか?
ただただ出会いだけ増やしても、ダメなんです。
何でもいいんです。
人を魅了するなにかを身につけることが大切です。
自分が女性だったらこんな男性を好きになる。
自分が男性だったらこんな女性が良いはず。
そんな自分になって、はじめて恋は成就するのです。
九州大学で婚学なるものが出現。旧帝大でも結婚意識の取組向上に取り組んでいるのですね。

九州大(福岡市)は今年度前期、結婚について学ぶ1年生対象の教養セミナー「婚学」を開講した。

晩婚化が進む昨今、若者のコミュニケーション能力を磨いたり、恋愛を取り巻く諸事情を伝授したりする。

旧帝大としては何とも異色の講座。担当する佐藤剛史助教授(農学)は、

「勉強や就職ばかり気にして、学生時代に“結婚”“家族”の大切さを考えないまま将来設計をしている」

として「婚学」講座の必要性を述べている。現在、男子16人、女子13人の計29人の学生が受講している。

本講義のシラバス(講義要目)を見ると、各回の授業では、「結婚するってどういうコト」

「子どもを産むってどういうコト」といった普遍的なテーマから、

「DVってどういうこと」「できちゃった婚ってどういうコト」「離婚とシングルファザー&マザー 」

という切実なテーマまで扱う。

さらに「家庭をつくるってどういうコト」というテーマで、金銭面や家事・ライフプランなど、生活に密着した内

容も扱う。

もてるとは

名声や地位や財力、持って生まれた美貌などがある人はほっておいて
もモテます。しかし、その人自身がモテているのではありません。

その人が持っている付加価値がモテているのです。
これは結婚の対象となるモテ方ではありません。

そういったものは必要ありませんし、準備することもないのです。
要は、あなたが持っている素のままの自分を磨き、魅力を高めるのです。
このあなたの素の魅力に好意を持ってもらうことが、結婚の対象となる
モテ方です。

結婚へ向けて今から少しずつ自分を磨いておきましょう。

フェロモン

男女の出会いにフェロモンは影響するのでしょうか?

<フェロモンは、蛾の雌が雄を誘引する様がファーブルの『昆虫記』にも記されており、その存在は当時から推測されていた。

当初、フェロモンは同種の動物間で情報伝達される外分泌物は「エクトホルモン」と名づけられていた。しかし、1959年にカールソン(Peter Karlson)とブテナント(Adolf Butenandt)によって、ギリシャ語の「pherein(運ぶ)」と「hormao(刺激する)」を合わせた「pheromone(刺激を運ぶもの)」として作り出され、それが定着したものである。

フェロモンは、極めて低濃度でその効果を果たすものが多い。それはホルモンなどと共通の性質である。その意味で、いわゆる臭いによる情報伝達とはまた異なったものである。

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。