上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼氏がいない

j-cast.comに以下の記事がありました。

人気女性誌『anan』(2012.7.18号)に、驚きのデータが掲載されていた。25歳から35歳の独身女性の55%は、彼氏がいないというのだ。年ごろ女性の半数以上がフリーだなんて、ちょっともったいない気がする結果である。

でも、同じくらいの年代の女性に聞いてみると、「もっと少ないでしょ」「いやもっと多いよ」など反応はさまざま。55%という「平均値」のウラには、何かがありそうだ。

「彼氏なしが8割方」というグループだってある


驚きのデータを示す『anan』の表紙

中堅出版社に勤める編集者のNさんは、大学を卒業して2年間彼氏がいない。入社以来、仕事に追われて男性と交際するどころか、出会う機会もないという。化粧っ気は薄く、週末はもっぱら疲れた心身を休める「休養日」となる。

「私の周りの編集女子は、8割方が『彼氏なし』。半数近くが彼氏持ちだなんて、この仕事をしている人間にはまるで無縁な話ですよ」

出版に携わりたくて、ようやくこの会社に滑り込んだが、仕事の過酷さは予想以上だ。毎月の出版点数ノルマもあるし、途中まで進んだ企画が立ち消えになって大きなストレスになることもある。

それでも今のところは、どうしても彼氏が作りたいというわけでもないらしい。

「やっぱり出版に携わったからには、自分が納得できる本を出すまでは手を抜きたくない。覚えることはまだまだあるし、仕事で成長している実感がある」

大学時代に付き合った男性はいたが、ああいう付き合い方なら「時間の無駄」に思える。寂しさをオトコで紛らわしても、結局は充実感が得られそうにない。

「女のセンパイたちはフリーの編集者になったり、作家やイラストレーターになったりした人もいるけど、けっこう独身が多い。たまに付き合っても、あっさり別れたり。別にひとりで生きていったって、いいと思うこともある」

出版業界以外でも、中堅、中小企業に勤めるまじめで仕事熱心な女性の中には、同じようなタイプの人が多く見られる。ただ、彼女たちの中にも「早くこんな生活やめて、どこかに『永久就職』したい」という人もいる。それだけ仕事がしんどいということだろう。
スポンサーサイト
サーチナに以下の記事がありました。
興味深いです!

婚活が楽しすぎる…婚活中毒から抜け出す方法

「友達の結婚ラッシュも始まったし、そろそろ私も!でも出会いもないし……」なんて思って始めた婚活。始めてみたら楽しくて、2週間前も婚活パーティーだったし今週末も婚活パーティー。もうそんな生活を年単位で送っているけどまだまだ元気!

  ちょっと待って、そんなあなたは婚活中毒になっているのかも。婚活の目的は「婚活自体を楽しむこと」ではないはず。今はいいかもしれないけれど、将来は……?そんな「婚活」が楽しくて抜け出せないあなたに、今回は婚活中毒を抜け出す方法をお届けします。

■婚活中毒チェックリスト

  楽しく婚活していること自体は、それはそれで素敵なこと。じゃあ婚活中毒との境目って?まずは以下のリストでチェックしてみましょう。

・1:婚活で今までないくらいにモテる
・2:婚活では自分が認められている気がして落ち着く
・3:最近の楽しいことは婚活だけ
・4:婚活が楽しい状態が年単位で続いている
・5:しばらく婚活をやめたくない
・6:結婚に対する意識が下がった気がする
・7:正直「婚活」が目的になってきた

  いかがですか?特に3つ目以降に当てはまったら要注意。楽しいからこそ、知らず知らずのうちに中毒になってしまっている可能性があります。婚活地獄では「婚活が辛い……」という状態だからこそ、何とかしなきゃという気持ちになります。しかしながら、婚活中毒では楽しいからまあそれでいいか…という気持ちになったり、そもそも気づかなかったりと、中毒状態を抜け出すタイミングを見失いがちです。

  婚活を楽しむことも素敵なことですが、将来を考えるならば、やはり「婚活」が楽しい婚活中毒は抜け出したいところ。気づいた時にはもう何年も経っていた!なんてことになる前に、もう一度自分の婚活を振り返ってみましょう。「婚活」を楽しめることと「婚活自体」が楽しいことは別物です。

■婚活中毒を抜け出すには

◎自分を認めてあげる場を婚活以外に作る

  特に1つ目、2つ目のチェック項目で当てはまった人は、自分が認められる場を求めて婚活中毒になっている可能性があります。「異性にモテるから自分は魅力的、まだまだイケる!」……そうやって、異性からの高い評価を得られる場を婚活に求めていませんか?恋愛依存の方にも多いですが、こういう傾向は自分に自信がない方に多いです。婚活で認められても、それはあくまで一時的な自信にしかならないことは自分でもどこかで気づいているはず。

  婚活以外の、例えば趣味の場で自分を認めてあげられる場を探してみましょう。自分に自信が出てくると、それだけ人間としての魅力も増します。「婚活」という場に対する求めるものも自然と変化し、あくまでも「結婚相手を探す場」として活用することができるようになります。自信を持って!自分を認めてあげることで婚活の場を正しく活用できるようになります。

◎楽しいことを他に作る

  ありきたりといえばありきたりですが、婚活しか楽しいことがない方には特におすすめしたいのがこの方法。婚活しか楽しいことがない背景には、独身の友人が減って遊ぶ相手が少なくなった、社会人になって落ち着いてくると新しい人と出会う場が他にない、という2つが大きな理由としてあげられると思います。

  こうやって理由を考えてみると、別に楽しいことは婚活ではなくてもいいのがこのタイプの婚活中毒の特徴。ただ単に自分が楽しむための場として、婚活の手軽さが手放せなくなっているとも考えられます。婚活以外に楽しいことを作ること、それと共に新しい人と出会う場がないか探してみましょう。他の場が見つかると、特に何もせずともすんなり婚活中毒を抜け出すことができます。婚活は手軽ですが、他の場をみつけることで自分の人生も豊かになりますよ。

◎結婚したい気持ちを整理する

  婚活中毒にはまっている方の多くに言えることが、結婚したい気持ちが置き去りになっていること。「婚活」が目的になってしまっていて、結婚については忘れてしまいがちです。自分がなぜ婚活を始めたのか、そもそも結婚したいのか、どういう人と結婚をしたいのか、どんな結婚生活を送りたいのか……。

  自分の結婚に対する意識とイメージを具体的に紙に書きだしてみましょう。整理してみると、実は結婚はしばらくいいやと思っている可能性もあります。いや結婚したい、したいのに忘れていたという可能性もあります。どちらにしても、自分の結婚に対する気持ちを整理することで、これからの婚活との向き合い方を考えることができます。「結婚」という先を見据えることで、「婚活」がプロセスだったことを認識しましょう。

■おわりに

  いかがでしたか。楽しい状態を抜けだそうとすることは、このままでいいやという気持ちも働きがちでなかなか難しいこと。あなたのしあわせな将来のために、楽しく婚活ができることを祈っています。

(著:nanapiユーザー・りか編集:nanapi編集部)(情報提供:ナナピ)

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。