上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アーチーチーアーチー燃えてるんだろうか

アギーレ監督()の八百長疑惑に対し本格的な捜査が始まりそうで、揺れている日本代表。

スポンサー的には当然、アギーレ体制は容認できないでしょうし、ファンにとってもあまりいい気はしないでしょう。

とはいえアギーレを今クビにすると6億円もの違約金をアギーレに払わなければいけなくなるという状況に日本サッカー協会は困り果てている状況。

これ詰んでません?

ひょっとしてアギーレにはめられたんじゃないかと思うレベル。

とはいえサッカー協会が責任を取ることはないでしょうし、うーむ。

せっかく強くなってきた日本代表に水をさす今回の事件は残念でなりませんね。
スポンサーサイト

ビットコイン発明者「サトシ・ナカモト」氏の正体、Newsweekが伝える
http://www.gizmodo.jp/2014/03/newsweek.html

ビットコインの発案者は正体不明の人物で長らく誰なのかわかっていませんでしたが、ついに本命の人物が判明したようです。ビットコイン自体は、かなり優れた発明であり、ノーベル賞をあげても良いくらいのものだと思いますが、やはり国家の権威たる通貨の威厳を破壊しかねない権力にとっては都合の良くないものである可能性がありますので、発案者が正体を隠したがるのも理解できますね。

NHK

NHKといえば日本放送協会のことである。
NHKは各家庭から受信料をもらうことによって成り立っているが、テレビが無い家庭からは受信料の徴収はしない。
うちはテレビが無いし、パソコンもテレビチューナーの付いていないやつだし、iPhoneなのでワンセグも見ない。ので正直に言って集金の人には帰ってもらうのだが、そういえばラジオはどうなの?
ラジオもNHKってあるよね。
うちはラジオも無いが、テレビが無くてラジオのある家庭は受信料を払っているのだろうか。。。
つかラジオもテレビもなくても生活に支障が無い世界ってすごいね。
ネットの力は偉大です。
NHKオンライン

テーマ : ニュース - ジャンル : ニュース

今日は東京は雨ですが一年の間にどのくらい雨の日というのはあるのでしょう。
ちょっと調べてみました。
2011年の統計だと全国で雨が多い県は以下の順。

順位  県名  日数 
1   石川県  165
2   鳥取県  164
3   富山県  163

やはり日本海側が上位なんですね。
ちなみに東京は15位で115日です。
トップスリーと比べると50日も雨の日が少ないのです。
最下位は広島の91日。
石川は広島よりも2ヵ月以上雨が降っているという…。

テーマ : 今日のつぶやき。 - ジャンル : 日記

ドラクエといえばひとり孤独に楽しむものの代名詞。
だったのだが最新作のドラクエ10はオンライン。
はっきりいって何が楽しくて他人がいる世界を冒険しなくてはいけないのか。。。
そんなのは現実社会で十分である。
しかも普段接しないようなタイプの人や、子供がたくさんいる。
ゲームの世界にすら逃避がゆるされないとはなんという悲劇であろう。
そもそもドラクエの最大の魅力は喋らない主人公なのだ。
喋らないから自分が主人公としてドラクエワールドに入り込みやすいのに。
オンライン化したらなんか入り込みづらいんですよ。
しゃべんなきゃいけねえし。
ドラクエ11は是非とも非オンラインでお願いしたいものだ。

テーマ : TVゲーム・PCゲーム - ジャンル : ゲーム

彼氏と付き合って1年位の友人Aが、彼氏への不満を私にぶつけてきました。。

つらつらと話されまして、まぁどうでもいいことが多かったのですが、
聞いていて決定的だなと思うのが、記念日の過ごし方が普段のデートと変わらなかったのことです。

「一周年記念がいつもと同じ居酒屋で…」だったと。。
男性に彼女を喜ばせようとする努力が見られないことに失望するケースは多いすよね。
女子は、口では「記念日もいつもと一緒でいいよ」と言っても、本心では特別な過ごし方を求めているのです。

良い出会いから結婚へと年代があがってくると考えてくるものですが、1年くらいで見切りをつけるのも大事ですよね。
友人Aにほかに素敵な出会いがありますように。
九州大学で婚学なるものが出現。旧帝大でも結婚意識の取組向上に取り組んでいるのですね。

九州大(福岡市)は今年度前期、結婚について学ぶ1年生対象の教養セミナー「婚学」を開講した。

晩婚化が進む昨今、若者のコミュニケーション能力を磨いたり、恋愛を取り巻く諸事情を伝授したりする。

旧帝大としては何とも異色の講座。担当する佐藤剛史助教授(農学)は、

「勉強や就職ばかり気にして、学生時代に“結婚”“家族”の大切さを考えないまま将来設計をしている」

として「婚学」講座の必要性を述べている。現在、男子16人、女子13人の計29人の学生が受講している。

本講義のシラバス(講義要目)を見ると、各回の授業では、「結婚するってどういうコト」

「子どもを産むってどういうコト」といった普遍的なテーマから、

「DVってどういうこと」「できちゃった婚ってどういうコト」「離婚とシングルファザー&マザー 」

という切実なテーマまで扱う。

さらに「家庭をつくるってどういうコト」というテーマで、金銭面や家事・ライフプランなど、生活に密着した内

容も扱う。

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。